本文へスキップ

人間(ひと)と動物と自然とのふれあい AWS Animal Academy

野生動物管理科

AWS(アワーズ)動物学院は、「人間(ひと)と動物と自然とのふれあい」を教育活動のテーマとして、「命の尊さ・やさしさ」に気づき、「ふれあうよろこび」をはぐくみ、「こころ」の大切さを広めていくことのできる人材の育成をめざしています。

野生動物管理科(学生の1日を紹介します)

 こちらでは1年生の学生たちの1日の様子を紹介します。

 野生動物管理科 1年生のある日

野生動物管理科の学生たちです。
それでは、野生動物管理科1年生の一日をちょっとのぞいてみましょう。

学院の一日は、まず朝礼から始まります。
今日1日の予定をしっかりメモして気持ちを引き締めています。

1年生は、午前中に座学(1講義 50分)があり、
教室で様々な講義を受けます。
バイオサイエンスの1コマです。

午前の授業では、飼育に必要な知識はもちろん、接遇話法や
ビジネスマナーなど社会人として必要な教養を学びます。
時には教室を出て、地元の自然観察にも行きます。
生物学概論の講師が引率し、その場で解説をしていただくこともあります。

・・・お昼の休憩です・・・
午後からの実習に備えて、昼食を食べています。
アドベンチャーワールドの社員食堂も利用できます。
お弁当を作ってくる学生も多いんですよ。
 
さぁ、午後からは、飼育実習です。
実習服に着替えて、それぞれの実習場所へ!
動物たちを相手に実践的な知識の習得を目指してがんばっています。
  
各実習場所では、日頃から動物を担当している経験豊かなスタッフが、
実体験から得た技術や知識をやさしく教えてくれます。
 
実習が終われば教室に戻って、今日学んだことを振り返りながら、実習日誌を作成します。
日誌を提出して1日が終わります。今日もたくさんのことを学んできたようです。
以上が1年生の一日の様子です。


実習内容

 

 
  

contents




アワーズ動物学院

〒649-2201
和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2399

TEL 0739-43-5031